労連ビジョン
取り組み方針
私たちの活動
 
 
 
労連ビジョン
  SUBARU労連は、2019年9月の定期大会で、新たな労連ビジョンを確認しました。
 
◎ビジョンの骨格
【目指す姿】
【ビジョンの3つの柱】
  働く 〜いきいきと安心して働いている〜 
  【ありたい姿】 それぞれの企業が成長・発展を続け、安心して働ける労働条件・職場環境が整っている
多様で柔軟な働き方が構築され、やりがい・働きがいを感じている
  【活動領域】 グループ全体の企業基盤強化につながる取り組み
魅力ある労働条件の実現に向けた取り組み
多様な人材が活躍できる職場の実現
  仲間 〜仲間の一体感・役員や組織の力が高まっている〜 
  【ありたい姿】 役員としての知識・見識・人脈を広げ、行動力ある人材育成が図られている
労連としての一体感や存在感、組織力を高める組織運営が図られている
  【活動領域】 役員としてのスキルアップにつながる取り組み
男女共同参画推進の取り組み
スケールメリットを活かした福利厚生の拡大
  生活 〜だれもが暮らしやすい社会が整っている〜 
  【ありたい姿】 産業・勤労者・生活者の声が政策に反映され、暮らしやすい社会環境が整っている
思いやり・助け合いの心を大切に行動している
  【活動領域】 産業・勤労者・生活者のための政策実現に向けた取り組み
政治を身近に感じ、関心を持ってもらう取り組み
社会貢献活動の取り組み
ページTOP
第28期 取り組み方針
 
第28期を迎えるにあたり大切にすること
SUBARU労連ビジョンの3つの柱である「いきいきと安心して働いている」「仲間の一体感・役員や組織の力が高まっている」 「だれもが暮らしやすい社会が整っている」をもとに活動を構築します。
また、活動を進めるうえでは、これまで以上に各組織との丁寧な論議を大切に一体感を持って取り組みます。
働き方に関連するさまざまな法案が施行されていることから、適正な時間管理など労働組合としてのチェック機能の強化、 あわせて役員の人材育成を図り、ワークライフバランス向上に取り組みます。
上部団体、自動車総連との連携を強め、労連としての役割と責任を積極的に果たします。
具体的活動項目
 1.いきいきと安心して働くことができる環境づくり
  (1)グループ全体の基盤強化につながる取り組み
    @労連版労使懇談会の更なる充実
    Aグループ全体の課題形成や改善策に向けた取り組み
  (2)魅力ある労働条件の実現に向けた取り組み
    @総合生活改善と労働諸条件改善の取り組み推進
    Aワークライフバランス向上への取り組み
    B安全衛生に関わる取り組みの強化
 2.仲間の一体感・役員や組織力向上の取り組み
  (1)役員としてのスキルアップにつながる取り組み
    @労連役員研修の実行
    A労連内外の状況を知り学ぶ取り組み
    B国際労使関係への意識向上の取り組み
  (2)男女共同参画推進の取り組み
    @労連男女共同参画推進計画に基づく取り組み
  (3)スケールメリットを活かした福利厚生の充実
    @余暇支援につながる施設提携の拡大
    A健康支援につながる活動
    B労連内の仲間の輪を広げる活動
    C共済制度
  (4)連合・自動車総連と連携した取り組み
    @連合・自動車総連と連動した取り組みへの参画
    A働く仲間の輪を広げる活動
  (5)情宣活動
  (6)組織運営
 3.だれもが安心・安全で暮らしやすい社会づくり
  (1)産業・勤労者・生活者のための政策実現に向けた取り組み
    @組織内議員を通じた政策制度改善
    A自動車総連政策集「明日への提言」の理解促進
  (2)政治を身近に感じ、関心を持ってもらう活動
    @政治を身近に感じられる取り組み
    A自動車総連地方組織内議員への支援
  (3)社会貢献活動の取り組み
 
ページTOP